面接の時に覚えておきたいこと

面接の時に覚えておきたいこと

面接に一つ落ちただけで

就職活動をゲームのように考えている学生は結構います。そう言う人は、異なる分野の企業の内定をたくさん得たことを誇る、内定の数や早さを誇ることが多いです。こう言う人が周囲にいたら、構わないようにしましょう。就職活動と言うのものは、わが道を進むことが基本です。面接に落ちてしまうと、こうした内定をたくさんもらっている人を羨んでしまうでしょう。しかし、たくさん内定が取れたからと言って、優秀と言うわけではありません。たまたまその企業と応募者のニーズが一致しただけと言うことが多いです。

面接に一つ落ちただけで、大きなショックを受けてしまう学生はたくさんいます。1社は受かったが、落ちたところの方が多い、自分は優秀なのかそうではないのかと悩む人も多いです。しかし、就職試験に限っては、入るのが難しいと言われる企業に受かった人が、他の企業に落とされると言うことはよくあります。1社に受かれば、他の企業にも受かると言うわけではありません。偏差値で合格が決まる大学受験とは違うわけです。ですから、数回の不採用で自分は能力が低い人間だと考えないようにしましょう。落ち込んでいるヒマがあるのなら、どんどん面接を受けることです。