面接の時に覚えておきたいこと

面接の時に覚えておきたいこと

面接に受からなかったとしても

学生は面接に受からなかったとしても、それを恥と感じないようにしましょう。その企業は自分には合わなかったと考えるべきです。不採用になる人がいる一方で、内定をたくさん勝ち取る人も存在します。不採用になった人は、それをうらやましいと感じるでしょう。焦りもします。しかし、内定をたくさん取れたと言うことは、別に自慢でもなんでもありません。たくさん内定を得たとしても、全ての会社で働くわけではないからです。実際に働けるのは1社しかありません。一番重要なのは、自分が行きたいと考えている1社から採用されることです。

極端なことを言ってしまうと、行きたいと考える企業から内定を得られれば、他は落ちても構いません。なので、たくさん内定を取れた人を、うらやましがることは無意味です。もちろん、第一志望の企業に採用されないこともあるでしょう。しかし、それに必要以上に落胆することはありません。面接に落ちたら落ちたで、次にチャレンジすればいいと気持ちを切り替えることです。そうでないと、就職活動を最後まで乗り切ることは難しくなります。不採用を経験したら、落ち込んでやる気をなくすのではなく、自分を分析するチャンスと考えましょう。