面接の時に覚えておきたいこと

面接の時に覚えておきたいこと

就職面接の担当者は様々

学生の誰もが、就職面接の担当者は優しい人が良いと考えます。しかし、優しい人ばかりではありません。言葉じりをとらえてきつく突っ込んでくる担当者もいるでしょう。決してムキにならずに冷静に対応することです。また、学生時代の成績に対して、過度に低評価をしてくる担当者も少なくありません。その場合は、反論せずに理由をきちんと述べましょう。そして、一番嫌がられるのは言葉以外の雰囲気が威圧的な担当者です。こう言う担当者にあたると、萎縮してしまう学生が多いです。しかし、それでは正当な評価をしてもらえません。

相手のペースに巻き込まれないようにしましょう。丁寧な対応を心がけることが基本になります。威圧的な態度を取る担当者は、そう言う性格と言うよりは、わざとそう言う態度を取っていることが多いです。少し威圧的な態度で応募者と接し、どう対処するかを見て判断しようと考えています。ですから、学生の方は担当者が威圧的に接してきても、あまり気にしないようにしましょう。自分は試されていると考えることです。嫌な担当者にあたったらどうしようと、必要以上に神経質になるのはやめましょう。パフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。