面接の時に覚えておきたいこと

面接の時に覚えておきたいこと

面接の時に覚えておきたいこと

仕事の面接を受けるときは、誰でも少しは緊張します。きちんとした服装や、丁寧に書かれた履歴書など、試験の前に準備することはありますが、雇用主がどんなことに関心があるのかを知っておくことも面接に備える際の良い準備と言えます。

雇用主の関心事は、会社に対し、また与えられる仕事に対して、どの程度興味を持って面接に来ているか、という点です。それで、何を話すか前もって考える際に、自分がその仕事を望んでいる事だけでなくその理由、そして自分ならその仕事を扱えることとその理由、上手に果たせることを証明する機会を望んでいることを話すようにします。雇用者が、この人は熱心に、誠実に仕事に取り組むだろう、と確信できるような内容の話を準備しましょう。仕事選びの際は、とかく自分に向いているかどうか、を考えますが、面接の際に自分に合っているかどうか、という態度を示すと、試験管にとって良い印象は残りません。試験管が関心を持っているのは、会社が面接に来た人に対して貢献できることではなく、面接に来た人が、会社に対して貢献できることです。その点を常に意識して、会社のために自分がどんなことができるか、前もって考えておくようにしましょう。